私たちについて
About us

安心が、すぐそばに。
最初に頼られる存在でありたい。

私たち富山常備薬グループは、医薬品の通信販売会社です。通信販売会社といってもドラッグストアなどで市販されている医薬品を販売するのではなく、商品の開発からマーケティングまでを自社で行っており、医薬品製造メーカー様とパートナーシップを結び、富山常備薬グループ独自の「まだ世の中にない良薬」を販売しています。通信販売会社ですから、直接お客さまのお顔を見て商品を販売することはありません。ですが、お客さまに安心して商品を使っていただくためには、お悩みやご相談にいつでもお答えできる窓口を充実させ、声で繋がる「かかりつけ薬局」でありたいと考えています。創業から10年目を迎える今、商品のさらなる品質向上、お客さま対応の充実を図るとともに、商品のことだけに留まらず、健康上の不安や抱えている病気のことも「富山常備薬グループに相談してみたい。」と思っていただける信頼関係をお客さまと築き、末長く寄り添っていただける企業を目指していきます。

本質を見極め、実践する。
それが富山常備薬グループです。

私たち富山常備薬グループが常々考えていることは、ビジネスの本質です。企業として存在し続けるためには、まず商品を買っていただくお客さまに満足していただく必要があります。また今以上に、お客さまに満足いただける商品をお届けするには、パートナー企業様も一緒に成長し、より品質の高い商品を製造し続ける必要があります。そのためにどうすべきなのかを、本質的課題として考え続けています。ですから私たちが大切にしているのは、「本質経営」と言えるかもしれません。富山常備薬グループは、10年目を機に新たなフェイズへと移行しようとしています。それは、今までよりワンランク上の品質と安定的な供給体制の構築。すべてのお客さまに、安心できる商品を速やかにお届けする。そのためには、メーカー様ともしっかり向き合い、一緒に商品開発をすることが重要になります。つまり、私たちが積極的に品質向上に関わるべきであると考えています。また、私たちの誰もが「商品のプロ」であるべきであるとも考えています。どのようなお問い合わせにも、明確にお答えできなければ、お客さまに安心して商品を買ってはいただけないと私たちは考えているからです。私たちに関わっていただいているすべての方々に感謝し、お客さまの健康に貢献していく使命に邁進してまいります。

代表取締役小川 晃市